不動産競売における内覧制度について

通常の不動産売買では、不動産を購入しようとするときには、前もって現地に赴いて、不動産に立ち入り、不動産内部の調査や確認をしてから、購入価格を検討して、購入の意思を決定します。

ところが従来、競売では買受希望者は不動産に立ちいることができませんでした、買受けに際し、内部に立ちいることができないリスクを見込んで価格を決定するため、立ち入りができないことが価格減の要因ともなり、また、購入後の予想外のトラブルの原因ともなっていました。


こだわりの高い大牟田の税理士に有効な情報の紹介です。

しかし、平成15年7月の法改正により、内覧制度が導入されました。

明日に役立つ神戸にある税理士選びをお手伝いします。

内覧制度は、執行官が買受希望者を競売不動産に立ち入らせて見学をさせる手続きのことです。
不動産競売についても、買受希望者が内部に関する情報を事前に得ることができるようになったのです。


内覧制度により、従来内部の確認ができなかったという欠陥を補うことができるようになったわけです。

王子の税理士を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

内覧手続は、差押債権者の書面による申立によって開始します。

差押債権者以外は申立をすることができません。

神戸の相続税のお得情報を用意いたしました。

差押債権者の申立があったときに初めて内覧の実施が命じられます。

裁判所は、差押債権者の申立により執行官に対し内覧実施命令を発します。

長崎の税理士に関する情報満載のサイトです。

内覧実施の申立後、裁判所から内覧実施命令が発令されますが、占有者の占有権原が買受け後も引き受けられるものであるときは、占有者の同意がなければ内覧実施命令を発令することはできませんので、この点は覚えておく必要があります。


http://www.miller.co.jp/report/wakaru/20120808.html
http://www.ns-sol.co.jp/ss/finance/derivative.html
https://www.toushin.or.jp/publiccomment/ichiran/5252/




サンプルバナー